【もう地面では寝たくない!】D.O.Dの新製品「バッグインベッド」で冬キャンプでも熟睡できた【キャンプ・アウトドア初心者のアイテム】

IMG_2777

先日、はじめて「コット」を購入したのですが、使用してみたらあまりの快適さにびっくりしたので、今回は「コット」についての概要と私が購入したコットのレビューを紹介していきたいと思います (*’▽’)




コットについて

キャンプなどのアウトドアで、簡易ベッドやベンチ、荷物置きとして活躍するコット。様々なメーカーから、安定、軽量、コンパクト、おしゃれなど様々なポイントに特化した商品が販売されています。今回は、私が初めてコットを購入する際にリサーチしたキャンプ用コットを選ぶ際のポイントなどをご紹介しますのでぜひ参考にしてみて下さい (^^)/

そもそも「コット」とは?

コットとは、主にキャンプの就寝時に用いられる簡易ベッドのことです (´・ω・`)

通常、テント内での睡眠は地面からの底冷えで想像以上に冷えてしまいます。そんな底冷えを抑えるのに有効なアイテムが「コット」です (*’ω’*)

コットを使用すると地面から距離をとることができるので、地面からの冷気に影響されない快適な睡眠をとることができるのです。加えて、砂利サイトなどの不安定な地面の状態に左右されないのもコットの魅力の1つです (*’▽’) 

コットの種類

一般的にコットは高さによって、「ローコット」と「ハイコット」に分類されています。ハイコットは高さが40cm前後、ローコットは高さが約15~30cmのものを指している場合がおおいです (‘ω’)ノ 

ハイコット」の特徴は、高さがあるのでベンチとして使用したり、テント内でもコットの下に荷物を置けるので荷物置きとして使用する際に便利です。また、荷物を地面に直で置くのは衛生面からも好ましくないので、気軽に荷物を置けるスペースがある場合も色々と便利です (*’▽’)

イージースリムコット Ⅱ 出典:Coleman

イージースリムコット Ⅱ【coleman】コールマン アウトドア テント マット 簡易ベット 13SS(170-7691)<発送に2~5日掛かる場合があります>*00

価格:11,880円
(2017/2/7 16:29時点)

一方、「ローコット」の特徴は、ハイコットよりも高さが低い分、テント内がスッキリできテント内に置いた時にはこちらの方が開放感がありスマートに見えます。また、安定感があり、実際に就寝する時にコットに横になると重心が低いので睡眠時に寝返りを打ってもガッシリ支えてくれます。上に乗っていても倒れることはほとんどないので、子どもが使用する際も安心です (^^♪

thirdly_list_242_6 出典:Helinox

<2016年秋冬新作!> Helinox ヘリノックス Tac タクティカルコットコンバーチブル 【送料無料】

価格:47,520円
(2017/2/7 16:39時点)

コット選びのポイント

組み立てやすさ」

コットは多くの部品を使っているものもあり、モノによっては組み立てにコツが必要な場合があります。しかし、最近は脚が収束式になっており引っ張るだけでコットになったりと、ワンタッチでOKなものも出てきていますので、気になる方はそういった子どもや女性でも安心して使えるものを選ぶといいと思います (‘◇’)ゞ

軽量性・コンパクト性」

テントの内外でコットを使用するなど、コットを頻繁に動かすときにはやはり軽量性に優れている方が便利ですし、コンパクトに収納できると、持ち運びの際にも邪魔になりません。 ただし、オートキャンプの際に使用する場合、軽量性やコンパクト性はあまり意識する必要はないかもしれません。特に軽量性に優れたモノは、軽量のため高価な素材を使用しているため、値段が高くなっています  ( ;∀;)<ホントに高い!

ですから、自分のキャンプスタイルを考えながら検討するといいと思います (‘ω’)

値段」

コットは値段にかなり幅があり、お手頃なものは3,000円程度から、高価なものだと60,000円するものもあり、軽量性やコンパクト性に優れたものはやはり高い傾向にあります。 しかし、車をキャンプサイトに横付けできるオートキャンプならば、そこまで、軽量性やコンパクト性にこだわる必要はないかもしれません。キャンプ初心者でオートキャンプでの使用を検討している方ならば、多少スペックが劣っても手頃な値段のコットを購入するほうがいいと思います (^_-)-☆




D.O.D(ドッペルギャンガーアウトドア)の新製品「バッグインベッド」

 top_image-1出典:D.O.D 

D.O.D(ドッペルギャンガーアウトドア) バッグイン ベッド ベージュ CB1-510T

価格:12,960円
(2017/2/7 17:25時点)

「キャンプツーリングに持ち出しやすい」

ベッドがあればキャンプツーリングがもっと快適に。地面のコンディションに左右されずに眠ることができます。バッグインベッドは収納サイズは約51㎝。ツーリングバッグにも入りやすいサイズ設計です。

 top_band_01出典:D.O.D

「キャンプフェスに背負って持ち出せる」

荷物を背負って参加するキャンプフェス。折りたたみベッドを持っていくなんてできない。そう思っているあなたへ。バッグインベッドはわずか約2.3Kgの重量なのでザックに入れてキャンプフェスに参加することも可能です。

 top_band_02-4 出典:D.O.D

概要・スペック

 main_feature-2 (1) size-1

出典:D.O.D

 

D.O.D(ドッペルギャンガーアウトドア) バッグイン ベッド ブラック CB1-510K

価格:12,960円
(2017/2/7 17:27時点)

私が「バッグインベッド」を選んだわけ

昨年末から様々なコットを調べたのですが、初めて購入するコットなのであまりにも高価なものはどうかとも思い、とりあえず予算は1万円程度のモノを探していたのですが、ほとんどは「重い」「かさばる」「組み立てが煩雑」「幅が狭い」モノばかりで、「あっ、これいいな」と思ったものはすべて「ハイコット」でした (*_*)

 

そんな感じで年が明けたあるとき、ネットでこの「バッグインベッド」の発売を知って、調べてみたところ・・・

・軽量でコンパクトな「ローコット」

・コットの幅が広い

・軽量なのに耐荷重がしっかりしている

・組み立てが簡単

・価格は1万円程度(発売当時の実売価格)

 

という感じで、私が気にしていたポイントをすべて当てはまっていたので購入しました ( *´艸`)

 

組立/設営方法

 1.セット内容

 IMG_3094 IMG_3101

フレームポール×2、脚部パーツ×4、布部×1、収納バッグ×1

2.脚部パーツを組み立てます

IMG_3121 IMG_3117

3.フレームポールを組み立てます

4.生地にフレームポールを挿入します

IMG_3139 IMG_3144

5.脚部をフレームポールに引っ掛けて取り付けます

IMG_3149  IMG_3151  

6.片足で抑えながら押し込むとスムーズに組み立てられます

IMG_3160 IMG_3162

7.完成です

IMG_3166 IMG_3174

組み立て・撤収も5分程度ででき、非常に簡単。力もそんなに必要ありませんでした (*’’)

 

使ってみた感想

まず、横になって初めに感じたことは「適度に布が伸び、いい感じに体が沈む」ことでした。なんとなくイメージとしては「バリっと張ってある布のうえに乗っかるだけ」と思っていたのでちょっと驚きました ( ゚Д゚)

私の172cm 75kgのメタボな体でもしっかりと受け止めてくれたうえに、この布による適度な体の沈みと反発感がなんとも気持ちよく

 IMG_3188 IMG_3248

これなら熟睡できると確信しました (^^

 

今までは地面の上にキャンピングマット等を敷き、その上で寝ていたのですがこのコットを体験してしまったら「もう地面に戻りたくない」と思うほど気持ちよかったです ( *´艸`)

先日、実際に今年初のソロキャンプでこの「バッグインベッド」を使用したのですが・・・

 

6時間熟睡してしまいました ( *´艸`)

 

幅が広いしローコットなので気にせず寝返りもできるし、グランドシートの上にコットを置き、コットの布の上にブランケットを敷いてたのもあり地面からの冷気も感じず、睡眠に関して何の不満もありませんでした (‘◇’)ゞ

石油ストーブとコットで快適な冬キャンプでした (^^♪

コットと石油ストーブを使用した冬キャンプについてはこちらをどうぞ

【いいかも!】今年初ソロキャンプでスノーピーク「メッシュシェルター」を試してみた【キャンプ・アウトドア初心者のすすめ】

 

D.O.D(ドッペルギャンガーアウトドア) バッグイン ベッド ベージュ CB1-510T

価格:12,960円
(2017/2/7 17:25時点)




まとめ

今回、はじめてコットを購入・使用して、なぜ他のキャンパーの皆さんがキャンプにコットを使用しているか納得できました ( `―´)ノ

 

みなさん、コットは最高ですよ~ ( *´艸`)

 

今回は私が購入したD.O.Dの「バッグインベッド」を中心に紹介させていただきましたが、皆さんのキャンプスタイルに合った「コット」を検討してみてはいかがでしょうか? 今回の記事が少しでも皆さんの参考になればいいかなぁと思います (^^)/

今回も最後までご覧いただきありがとうございました。

D.O.D(ドッペルギャンガーアウトドア) バッグイン ベッド ブラック CB1-510K

価格:12,960円
(2017/2/7 17:27時点)

宜しければロゴマークのクリックお願いします (*^^)v にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村


登山・キャンプ ブログランキングへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA