「ちょっと気になる!」キャンプ・アウトドアメーカーの生い立ちと概要 - 日本メーカー編 - その1

ネットをしながら色んなアイテムを「欲しいものリスト」にコツコツとリストアップしている今日この頃ですが、私はふと思ったのです (*_*;

「このメーカーって、どこの国のどんなメーカーなの?」 (´・ω・`) ?? 

そこで、今回から数回に分けて国内外のキャンプ・アウトドアメーカーについて、独断と偏見?でそのメーカーの創業年や概要、扱っているアイテム、個人的に気になるアイテムなどについて簡単に紹介していこうと思います ので、ちょっとした雑学的な感じで観て下さ~い (‘ω’)ノ

一応、私なりにしっかりとリサーチしたつもりではあるのですが、もし内容に間違いがあったのならすみません  ( ;∀;)<ごめんなさ~い

ARAI TENT (アライテント)

1965年創業のテント、バックパック、登山用品の日本メーカー。社名にテントが入っている事からも想像出来ますが、アウトドアメーカーの中でもテントに拘った会社です。「エアライズ」「ゴアライズ」などの代表される軽量山岳テント、ツェルト、ザック等の主要な製品は、創業者 新井睦をはじめとする、熟練した職人の手により日本国内でハンドメイドされている。品質への評価が高く、軽くて丈夫と登山者からの支持が厚く、デザインはシンプルですがほとんどのモデルは2kg以下。使用している生地にもこだわり、状況の変わりやすい山でも耐えられる丈夫なテントで、快適性に優れるだけでなく、モデルによっても若干異なるが、前室が広めのデザインのため荷物を十分に置くことができ、テントの中で調理をすることも可能。機能性、快適性共に抜群なのも魅力の一つとなっている。少人数での使用を目的とした軽量でコンパクトに使えるタイプのテントが充実している。

【公式HPはこちら】 http://www.arai-tent.co.jp/

 

◎ARAI TENTの気になるアイテム

トレックライズ 1

スポンサー 

アライテント ARI020 (フォレストグリーン) トレックライズ (1) 【1~2人】【トレックライズ1】【山岳テント】【ツーリングテント】【山用テント】【ライペンテント】【RIPENテント】【RCP】

価格:45,576円
(2017/1/9 17:25時点)
感想(22件)

スペック

●重さ:1460g
●素材:本体:本体28dnリップストップナイロン(東レ「ファリーロ」中空糸使用)、フライ30dnリップストップナイロンPUコーティング、シート40dnナイロンタフタPUコーティング、フレーム#7X5Xスカンジウム、『エアハーキュリー』8.88φ
●大きさ:間口210cm×奥行110cm×高さ105cm(前室張出45cm)、収納時:30×φ14cm(42×φ14)フレーム38cm

トレックライズ」はテントの広いパネルに解放感のある大きな半月型の入り口を持った3シーズン用テントです。新しいトレックライズはエアライズと同じ東レ「ファリーロ」中空糸を使用した28dnリップストップナイロン布地を採用し、一層軽くなりました。その重量はわずか1460gしかありません。(1人用、付属品を含まず)ツーリングやトレッキングでの使いやすさを徹底的に検討して作られたトレックライズは、あなたに素晴らしい旅の思い出をプレゼントしてくれることでしょう。

 

North Eagle (ノースイーグル)

1929年創業の日本のメーカー。「すべての皆様に、心地よい休日スタイルを。」というコンセプトをもとに、とても買い求めやすい価格でおしゃれな製品を提供しており、展開アイテムはテント・タープと周辺用品からレジャー用品まで幅広く網羅している。可愛いデザインのテントも出しているのでキャンプ初心者や、おしゃれにキャンプしたい人におすすめ。

【公式HPはこちら】 http://210.255.93.10/ne/

 

◎North Eagleの気になるアイテム

ツーシーンワンポールテント500

スポンサー 

NorthEagle/ノースイーグル NE200 ツーシーンワンポールテント500

価格:26,924円
(2017/1/9 17:35時点)

スペック

●材質:フライシート/75DポリエステルタフタUV(耐水圧1500mm)、インナー/68Dポリエステル、フロア/210Dポリエステルオックス(耐水圧3000mm)、ポール/直径32mmスチール
●商品サイズ:本体サイズ/約540×540×330cm、インナーサイズ/約500×250×297cm
●収納サイズ:約69×25×25cm
●重量:約12.7kg
●お勧め使用人数:3~4人用
●付属品:ABSペグ18本、自在付ロープ8本、ハンマー1個、収納ケース
●パッケージサイズ:69×25×25cm

ハーフインナーの寝室と、前室3面メッシュパネルのスクリーンが一つになった組立簡単なワンポール型のスクリーン付テントです。フライシートにはUVカット素材を採用しており紫外線を約90%カットします。価格もお手頃なのでものポールテントを検討されている方にはおすすめです。

 

NANGA (ナンガ)

1941年創業の国産「羽毛商品」メーカー。社名の「NANGA(ナンガ)」はヒマラヤにある8,000メートル級の高峰「ナンガバルバット」に由来する。主にシュラフ(寝袋)やジャケット・パンツ等登山アパレルを国内生産しており、羽毛の安全性と質にこだわり、熟練した縫製職人によって製作されている。NANGAブランドの愛用者は第一線で活躍する登山家から、一般の登山家、ハイカーまで幅広い。また、商品の「永久保証」をおこなっており、破れた、穴があいた、生地の劣化、ファスナーが壊れたなどについても国内自社工場のメリットを生かし対応しているのも魅力。

【公式HPはこちら】 http://nanga-schlaf.com/

 

◎NANGAの気になるアイテム

オーロラセンターZIP 450DX

スポンサー

ナンガ オーロラ 450 DX (760FP) [ レギュラー / ショート ] [ nanga ナンガ オーロラ 450 | ナンガ シュラフ 冬用 | シュラフ 寝袋 | キャンプ オートキャンプ | ナンガ ]

価格:29,059円
(2017/1/9 17:40時点)
感想(19件)

スペック

●表生地:オーロラテックス
●裏生地:40dnナイロンタフタシレ撥水加工
●構 造:ボックス構造
●付属:ショルダーウォーマー、ドラフトチューブ
●羽 毛:DX(ヨーロピアンホワイトダックダウン90-10%)
●羽毛量:450g
●総重量:約1000g
●温度域:温度域快適温度-11℃、限界温度-22℃
●収納サイズ:φ17×29cm
●レギュラーサイズ:最大長210cm×最大肩幅80cm(身長175cmまで)

優れた撥水性と透湿性を持つオーロラシリーズ。オーロラライトは、足元の形状を細くすることで軽量化したモデルです。通常の冬キャンプならこれでまず問題ないと思います。

CAPTAIN STAG (キャンプテンスタッグ)

1967年創業の日本の金属製品メーカー発、アウトドアメーカー。牡鹿(STAG)のリーダーと言うイメージと「大自然の中で頼りになる存在」となりたいと言う思いを込めたのがブランドの由来。アウトドア用のバーベキューコンロや食器の販売から始まり、その後様々な関連製品を展開。頂点を目指そうとする余り、保守的な発想へと傾きかけたり、造作にこだわり過ぎて価格的に手が届かなくなってしまっては存在する意味が無いと言う考えのもと、使いやすさ、購入しやすさを第一に考えて商品を製作している。また、他のブランドには余り取り扱いの無い、カヌーやサイクルの取り扱いもある。

【公式HPはこちら】 http://www.captainstag.net/

 

◎CAPTAIN STAGの気になるアイテム

ヘキサステンレス ファイアグリル

スポンサー 

キャプテンスタッグ(CAPTAINSTAG) ヘキサステンレス ファイアグリル M-6500 【キャンプ 焚火台 焚き火 バーベキューコンロ】【nnsl3】

価格:4,212円
(2017/1/9 17:51時点)
感想(7件)

スペック

●組立サイズ(約):幅475×奥行410×高さ300mm
●収納サイズ(約):570×470×厚さ60mm
●重量(約):3.8kg
●アミサイズ(約):455×395mm
●材質/本体・底板:ステンレス鋼、バーベキュー網・目皿・スタンド:鉄(クロムめっき)
●セット内容/本体、スタンド、底板、目皿、バーベキュー網(455×395mm)、バッグ
●焼き面積:1350平方cm(四角形とすると37cm×37cm相当の面積となります。)

焚火とバーベキューが楽しめる1台2役で錆びにくく丈夫なステンレス製。薄型コンパクトなので収納が便利なうえ、キャリーバックも付いています。BBQグリル、焚火台で迷ったらとりあえずこれを買えば大丈夫です。コスパはいいので初心者の最初の1台にはうってつけだと思います。

 

LOGOS (ロゴス)

1928年に創業された日本のメーカー。船舶用品問屋が前身となっており、1997年に現在の社名となっている。「水辺5メートルから標高800メートル」まで愛用されることを開発当初からのブランドポリシーとしている。また、ロゴマークであるメイプルリーフは、「屋外と人を繋ぐ第一ブランドでありたい」との願いが込められており、提供しているアイテムは「合理的な機能性」「使いやすさ」「親しみやすいデザインカラー」「手頃な価格帯」を武器に、シェアを伸ばしている。 欧米のアウトドア文化を日本に持ち込み、アウトドアブームの火付け役となった功績を持ち、日本人好みの細やかなラインナップが多い。

【公式HP】 http://www.logos.ne.jp/

 

◎LOGOSの気になるアイテム

the KAMADO

スポンサー

ロゴス(LOGOS) 焚き火台 the KAMADO (81064150) かまど カマド

価格:21,492円
(2017/1/9 17:56時点)
感想(2件)

スペック

●主素材:ステンレス、スチール
●サイズ(約):幅51×奥行51.5×高さ57cm
●天穴サイズ:(約)直径26cm
●ピザプレートサイズ:(約)直径25.5cm
●開口部(上部):(約)幅29×高さ14.5cm
●開口部(下部):(約)幅19/26.5×高さ8.5cm
●収納サイズ:(約)幅48.5×奥行39×高さ12.5cm
●総重量:(約)8.5kg

全てがこれで!「K・A・M・A・D・O」。ピザ釜やオーブンとしてもつかえますし、もちろん焚火台やダッチオーブン調理も楽しめます。10inchダッチオーブンが使用可能なので、アウトドア料理に凝りたい方はぜひ検討してみてください。

 

次回のメーカーについて(予定)

次回は、UNIFLAME、小川キャンバル、mont-bell、snow peak、tent-Mark DESIGNS、DOPPELGANGER OUTDOOR®について紹介したいと思いますのでお待ちください ( *´艸`)

今回も最後までご覧いただきありがとうございました~ (^^♪

宜しければロゴマークのクリックお願いします (*^^)v にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村


登山・キャンプ ブログランキングへ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA