【買ったり・自作したり】4月にキャンプ初心者が購入・作成したアイテムはこれ!【キャンプ・アウトドア初心者のすすめ】

皆さま、G.Wをいかがお過ごしでしょうか?

私もG.W中に友人とキャンプに行く予定で、楽しみにしています (*’▽’)

さて、今回は毎月恒例の企画となっている「その月に買ってよかったもの」です (^^♪

今月は購入または自作したもの3点を紹介させていただきますのでよろしくお願い致します♪

 




 

自作コットンタープ

 IMG_4849  IMG_4838

以前から自分の好きな柄のタープが欲しいなと考えていたのですが、2月ごろから生地を購入したり、妻の実家からミシンを借りてきたりと細々としたものを揃え、実際に作成を開始したのは3月に入ってからでした。

なにせ初めての自作タープなので色々と試行錯誤しながら作業を行いました (+o+)

作業工程について

作業工程を簡単に説明すると

デザイン → 生地(素材)の選択 → ミシンによる生地の裁縫 → ハトメ部分の作成 → タープとハトメの縫い合わせ → 撥水加工処理 → 完成

私が行った作業はこんな感じです。詳細については、また別の機会の紹介するかもしれません (´・ω・`)

それで、完成したもの先日のキャンプで使用してみました (^^♪

その時のキャンプの様子はこちら

IMG_4796  IMG_4943 (2)

【絶景のキャンプ場!】竜洞山みどりの村で2泊3日の現実逃避キャンプ!【キャンプ・アウトドア初心者の春キャンプ】

自作コットンタープ発張り

それで、自作コットンタープの初張りはこんな感じでした♪

 IMG_4899 (2)  IMG_4897 (2)

初めての自作タープにしては悪くないと思います。日差しもしっかり防げているし (^^♪

ただ、しっかりと撥水加工したつもりだったんですが水をかけてみるとじわ~っと水が漏れてくるんですよ ( ;∀;)

生地(コットン)の特性上、難しいと思ってはいたのですがやはり水が漏れてしまったことは少しショックでした (*´ω`)

まぁ、雨の日以外なら問題なく使用できるのでこれから大事に使っていきたいと思います。やはり自作したものには愛着が湧きますからね( *´艸`)

 

ニトリ 木製ローチェア

 木製ローチェア出典:ニトリ

昨年からキャンパーの間で話題になっていたニトリのローチェアですが、今年は運よく発売直後にSNSで情報を入手することができ、ホワイトと新色のブラウンを入手することができました ( *´艸`)

外観とスペック

木製ローチェア 木製ローチェア 木製ローチェア

木製ローチェア 木製ローチェア 木製ローチェア

・サイズ(約): 幅62×奥行47×高さ62cm

・主な素材: アカシア

・重量: 約3kg

使用した感想

IMG_4889 (2)

実際に使用した感想は、確かに「お値段以上」です (*’ω’*)

情報によると使用回数が増えていくと生地が伸びていくということなのですが、これが¥3、000で購入できるというのはすごいと思いますし、私の場合は生地が伸びたら好きな柄に張り替えるつもりなので全く問題ありません (*´▽`*)

ただ、購入を検討している方は、耐荷重が80kgぐらいなのと、生地が伸びると背中が骨組みに接触したりする場合が考えられるのでそのことを考慮した方がいいと思います。なので、出来れば店舗で実際に座るのをおすすめします♪

いずれにしても、コスパがいいのは間違いないし、人気の商品なのでニトリで見かけた場合はその場で買わないと手に入らなくなる可能性もあるかもしれませんよ ( *´艸`)




 

フィスカース X11 17inch  

 IMG_5099 (2)

これも先日のキャンプの反省点として、太い薪を細かく割る際にモーラナイフでの限界を感じたのでこのハンドアックスを購入しました♪

このハンドアックスを購入するにあたって、SNSを通じて先輩キャンパーの皆さんにいろいろとおすすめのハンドアックスを教えて頂きました。

 

先輩キャンパーのおすすめのハンドアックスについてはこちら

IMG_5106 (2)  IMG_5110 (2)

先輩キャンパーに聞いてみた】皆さんはどんなハンドアックスを使っていますか?アドバイスをもとにハンドアックス買いました!【キャンプ・アウトドア初心者のハンドアックス】

フィスカース X11 の概要

 IMG_5099 (2)

・全体:43cm

・重量: ヘッド: 839 g , 全体: 1.1 kg

軽量、丈夫、耐久性に優れた、フィンランド・FISKARS 社のアックス(斧)。 ガーデン用品分野で世界No.1 のシェアを誇る、フィンランド・FISKARS社。その高度な技術は、薪割り斧にも生かされています。刃の材質、デザイン、グリップとの絶妙なバランスなどにより、最少の力で最大の力を発揮できる斧に仕上がっています。

小さいモデルのフィスカース X7と違い、このX11はスプリッティングアックスなので、薪割りにより適している点、使用している方の評価が高かった点、スタイリッシュなデザイン性、他の人とあまりカブらなさそうな点、価格が予算内などを総合的に判断した結果、こちらを購入しました ( *´艸`)

使った感想

それで、さっそく試しに薪割りをしてみたところ、何の不満もなく薪割ができました (*’ω’*)

まだ数本の薪しか割ってませんが、間違いなく使える1本だと思います!

その他、上記に紹介している記事の中にたくさんのハンドアックスを紹介していますので、ハンドアックスが気になる方はぜひ参考にしてみてください (^^)/

 




 

まとめ

IMG_4849  木製ローチェア  IMG_5099 (2)

先月は焚火の関連アイテムばっかりだったのに対して、今月は自作タープ、チェア、ハンドアックスということで、自己分析すると、キャンプスタイルの幅を広げるアイテムの購入・作成を行った月だったのかなと思いました (*’ω’*)

来月はどんなものを買ってるのか分かりませんが、どっぷりキャンプ沼にはまってることは間違いないと思います (*´з`)

今回も最後までご覧いただきありがとうございました。

宜しければロゴマークのクリックお願いします (*^^)v にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村


登山・キャンプ ブログランキングへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA